インタビュー, 人生を変える方法

挑戦するひと・中村洋太さんインタビュー(1/3)

BY 富田哲郎 2017.05.22


もしあなたが
「やりたいことが分からない」
「やりたいことがあるけれど、なかなかはじめられない」
こういうことを感じているとしたら
この中村洋太さんのインタビューを
ぜひ読んでほしい。

「やりたいと思ったら、やってみる」
を体現しながら生きているのが中村洋太さんだ。

「ライフガード」で知られる飲料メーカー、
チェリオ公認の「ライフガードニンジャ」として
2017年4月16日よりカリフォルニアのサンディエゴへ。
語学学校へ通ったあと、6月上旬から1ヶ月かけて
サンディエゴからポートランドまで約2500kmを自転車で走る。

英語があまり出来ないなかで
ライフガードのことをアピールしながら
自転車で旅するというチャレンジに
いままさに挑戦中の中村洋太さんに
出発の5日前という貴重なタイミングで
話を聞く機会にめぐまれた。

チェリオ社のライフガードが好きな人や
「ライフガード昔たくさん飲んだ!」という人もぜひ
読んでみてほしい。

ライフガードがアメリカに伝わる瞬間に
あなたは、いま立ち会うことができる!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ 「ライフガードニンジャ」挑戦のはじまり

―アメリカ西海岸の旅、
 企画はいつからはじまったんですか?

「2月23日にブログで書き込みをしたんです。
サンディエゴに語学留学する、と宣言して。
そうしたら、いろいろな人から反応があって
協賛をしてくれる企業が出てきたんですが

じつは、そこまでにも流れがあって。

ブログで書く少し前に「フィリピンで語学留学したい!」
ということをFacebookに書いたんです。
最初はフィリピンの方が安くていいかなと思って。

そしたら、3年前にアメリカを旅行したときに
知り合ったサンディエゴ在住の女性から
連絡があって。

「いま、サンディエゴで語学学校に勤めているから
もしこっちで留学するつもりがあるなら
洋太君の宣伝力で学校を宣伝してもらえれば
安く留学できるよう校長に交渉してみると。」

これは嬉しい提案だなと思って、

ただそれでも金銭的にきつかったので
サンディエゴ観光局にメールして
サンディエゴのPRをするから
留学を支援していただけないかと
当たってみました。

結局それはダメだったんですが
学校を紹介してくれたサンディエゴの女性が
今度は別の語学学校を紹介してくれて。

「知り合いが立ち上げたばかりの語学学校で
まだ知名度が高くないから
中村さんのブログなどで学校を紹介してもらえるなら」と
普通ではありえない料金で留学できるという提案をもらいました。

「これは、行かなかったら損だ、後悔する」というくらいの価格だったので
お金もなければ、英語も全然だめな状態でしたけど

「よし行こう!」、と決めました。

決めたはいいけど、どこかで宣言しなければ
きっと自分はあきらめてしまうと思った。

それでやるかどうか考えた末に
ブログに書きこんだんです。

どうやって行くかの算段もついてない状態で
「サンディエゴに留学して、ポートランドまで自転車の旅をする」と。

その時点ではお金を出してくれるところも
決まってなかったし、貯金も足りない。

そしたら、チェリオの取締役
の方が僕のブログを読んでくださっていて
「よし、チェリオとコラボしよう」
と言ってくれたんです。

彼は、僕が協賛を集めるのに奔走しているのも知っていたから
「資金の心配はしなくていい。
それより、洋太は自分の挑戦に集中してほしい」と。

(続きます!!)

●続きはコチラ●
挑戦するひと・中村洋太さんインタビュー(2/3)

●中村洋太さんのBlogをチェック!!●
~Run to Infinity~
チェリオ公認「ライフガードニンジャ」中村洋太の
カリフォルニア奮闘記
http://n-yota.com/