こんにちは。トミーです。

中学受験の国語で成績を上げるコツをご紹介します。

一番大事なのは、
その生徒さんの
レベルに合った教材選びです!!

中学受験の国語で
成績を伸ばすには
読解問題の対策がメインになってきます。

読解問題では
1.読んで
2.文章を理解した上で
3.問題に回答する

という流れになるのですが
大事なのは1.読んで 2.文章を理解する
というステップです。

どの学校の過去問も
国語の先生が
時間をかけて問題を作っています。

ですから
小手先のテクニックは通用せず
しっかりと文章を理解していないと
問題に答えるのは難しいです。

そして国語の成績や
国語の偏差値を上げる上で
キーポイントとなる
読解力を上げるには、
その生徒にあった文章レベルの
教材を見つけること
これが一番大事なのです。

難しすぎる文章を読んでも
文章力は身につかないし
簡単過ぎても
文章を読む力は伸びません。

本人にとって
ちょうど良いレベルの文章を
選んで演習してもらうことが
もっとも重要です。

本人にあったレベル
ということでは
中学受験の集団塾ですと
本人のレベルよりも
ずっと難しいレベルの文章を読ませている
ところが多いというのが現状です。

しかし、本人のレベルをオーバーした
文章を読ませる授業では
国語ができる子だけは国語の点数がよく
そうでない子は伸びない
という状況は変わりません。

私のような家庭教師の役割は
まず本人の読解レベルをしっかり把握して
ちょうど良いレベルの教材を用意して
あげることが
とても大事だと思っています。

親御さんが国語の勉強を
見てあげるのであれば
本人に文章を読ませて
どんな内容だったかを聞いて
本人に答えさせたときに
感覚的に6~8割ほどの
内容を掴んでいるようであれば
その教材のレベルで
演習を続けてよいとおもいます。

国語読解をトレーニングし始める時期に
あと長すぎる文章も
あまり向いていません。

ページ数でいうと
2ページから3ページくらいでまとまっている
文章を読んで
要点を掴む練習をするといいでしょう。


「カタルタ」って知っていますか?

トランプの真ん中に
「ところで」「でも」(接続詞)や
「いつもは」「偶然にも」(副詞)などの言葉が書いてあるカードです。

どうやって遊ぶかというと
まず、「昔、あるところに、おじいさんとおばあさんがいました」といった具合に
話のはじまりだけ決めます。

次に、伏せたカタルタの山の中から1枚めくって
出たカードの言葉で話をつないでいきます。

仮に、「いつもは」のカードが出たら
そのカードを引いた人が
「いつもは、おじいさんは山へしばかりに、おばあさんは川へ洗たくにいきます」
と、たとえばこんな話を作るわけです。

次の人が、またカタルタの山の中から
「ところが」を引いたとすると

「ところが、その日はなぜかおじいさんが川へ洗たくに、
おばあさんが山へしばかりに行くことにしました」

みたいなお話をつないていきます。

なかなかおもしろそうです!!

トミタ式でも、子どもに「接続詞」に馴染んでもらうために
授業に取り入れていきます!

というのも、接続詞を理解することは
読解にとってとても大切だからです!

さてさて、毎回の授業でどんなゆかいなお話が出来上がるんでしょうか??

お楽しみに!!


国語の専門塾って、
どうも、お固いイメージになっている気がします。

でも、トミタ式は、
「国語ってもっと楽しく学べる!」
が、コンセプトです!

トミタ式の国語授業の楽しさを
気軽に体感してもらえるプログラムを開発中なんです!!

参加者の子ども達みんなで協力して
文章を読みといて謎解きをする
みたいなワクワクするプログラムを構想中です!!

詳細が決まってきたら、ちょくちょくまたこのブログで報告しますね!

program

 

国語の専門塾って、

どうも、お固いイメージになっている気がします。

 

でも、トミタ式は、

「国語ってもっと楽しく学べる!」

が、コンセプトです!

 

トミタ式の国語授業の楽しさを

気軽に体感してもらえるプログラムを開発中なんです。

 

参加者の子ども達みんなで協力して

文章を読みといて謎解きをする

みたいなワクワクするプログラムを構想中です!!

 

詳細が決まってきたら、ちょくちょくまたこのブログで報告しますね!

img_2026

 

家庭教師のときには

ホワイトボードを持っていきます。

 

文章の読解って

言葉だけで説明しても、ちょっと分かりにくいんですが

絵を描いたり、図を描いたりして説明すると

とっても分かりやすくなるんです。

 

ホワイトボードには

僕が書きこむだけじゃなく

生徒にもいろいろ書いてもらいます。

ホワイトボードに書きこむのが

みんな楽しいみたいで

すすんでいろんな文章や図や

絵を描いてくれます。

 

文章を読んでばかりだと、ちょっとあきてくるので

そういうときは、ホワイトボードの出番。

手を動かしていると、頭も冴えてきて

子どもが集中できる時間も長くなります。

 

ほんまに子どもはホワイトボードが好きで、

「ホワイトボードが家に欲しい!!」

という子も多いです。

 

みなさんの家にも、一台ホワイトボードいかがですか?

 

ホワイトボード屋さんみたいですが(笑)